30歳からのプログラミング

30歳無職から独学でプログラミングを開始した人間の記録。

読書

『白と黒のとびら オートマトンと形式言語をめぐる冒険』を読んだ

オートマトンの世界に触れることが出来る技術書、ではなくて、ファンタジー小説。 今年はいろいろとよい本を読めたが、これも非常によかった。 本当によく出来ていて、物語と学習が高度に融合している。 以下の出版社のサイトで、プロローグと1章が無料で公…

『基礎からわかるTCP/IP ネットワークコンピューティング入門 第3版』を読んだ

ネットワークの勉強のために読んだ。 www.ohmsha.co.jp 勉強したい分野の一つにネットワークがあり、何かよい本はないかと探していたとき、以下のツイートが流れてきた。 TCP/IPをコンピューターの側面から理解したい人にはしつこく『基礎からわかるTCP/IP …

『WEB+DB PRESS Vol.113』の「体験 ドメイン駆動設計 モデリングから実装までを一気に制覇」を読んだ

ドメイン駆動設計(以下 DDD)に関心があるので読んでみた。 私のような初心者にも分かりやすい内容だったので、DDD に興味を持ったけど挫折した、という人は読んでみるといいと思う。 gihyo.jp DDD に関心を持ったキッカケはよく覚えていて、今年の2月。 SP…

『アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム』を読んだ

プログラマとしての基礎体力をつける、が今の関心事なので、アルゴリズムとデータ構造についても勉強しようと思っている。 その第一歩として、評判のよかった本書を読んだ。評判通りの良書だった。 www.shoeisha.co.jp Apple の「Best of 2016」の一つにも選…

『TCP/IPの絵本 第2版 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉』を読んだ

ネットワークについて(も)勉強しようと思っており、手始めに読んだ。 www.shoeisha.co.jp 「○○の絵本」というシリーズで既に何冊も出版されており、以前『UNIXの絵本』を読んだことがある。 シリーズに共通しているのだと思うが、見開き2ページで1セクショ…

『Software Design 2019年6月号』の「思わず実践したくなるシェル&シェルスクリプト」を読んだ

初心者向けに書かれているので、読みやすかった。 コマンドがファイルとして定義されていることすら知らないレベルだったので、勉強になった。 分かっているようで分かっていなかった「パスを通す」の意味も分かったし。分かってしまえば、なんで分からなか…

『オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方』を読んだ

SPAをフルスクラッチで作ることになり、設計に対して関心が高まっていた。いきなりドメイン駆動設計は厳しいしそもそもオブジェクト指向についてよく分かっていないので、ネット上で評判がよかった本書を読んだ。 サンプルが Ruby で書かれているのも、選ん…

『プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで』を読んだ

仕事で多少 Rails を触る機会があったが、そもそも Ruby を理解していないとダメだなと感じて、本書を読んだ。 gihyo.jp とても分かりやすく、Ruby に対する理解が深まった。 ちゃんと説明しているのがよい。 入門者向けだからと誤魔化さず、言語仕様につい…

『WEB+DB PRESS Vol.107』の「実践CircleCI」を読んだ

職場にあったので何となく目を通してみたら、思ったより初歩から説明してあったのでちゃんと読むことにした。 gihyo.jp CircleCI、というかCIについてはほとんど何も知らないレベルだったが、ちゃんと入っていけた。 最後のほうは流し読みだから大した知識は…

『RubyでつくるRuby ゼロから学びなおすプログラミング言語入門』を読んだ

タイトル通り、Rubyを使ってRubyインタプリタを作っていく面白いテーマの本。 プログラミング初心者も対象読者に入っているため、非常にコンパクトにまとまっており、140ページ程度でインタプリタを作れる。 RubyでつくるRuby ゼロから学びなおすプログラミ…

『Team Geek ――Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか』を読んだ

同僚に借りて読んだ。 ソフトウェア開発者を対象に、チームのなかでどのように振る舞うべきか、どのようなチームにしていけばいいのか、チームを守るために何をすべきか、チームリーダーの役割とは、といったものを説いていく。 非常に有名な本で、自分もタ…

『まつもとゆきひろ コードの未来』を読んだ

同僚に借りて読んだ。 www.nikkeibp.co.jp 雑誌の連載をまとめたものであり、テーマに一貫性はなく、広く浅く様々な話題を扱っている。 出版が2012年だから、内容は古い。CoffeeScriptが紹介されていたり、NoSQLに対する評価がかなりポジティブだったり。 し…

『Webプログラミングが面白いほどわかる本 環境構築からWebサービスの作成まで、はじめからていねいに』を読んだ

N高等学校のプログラミング学習教材の一部を書籍化したもの。 N高のプログラミングコースがすごいというのは聞いていたし、「Webアプリケーションフレームワークを学ぶ際にそのチュートリアルでやろうとしている操作や背景にある技術がわかる本」という切り…

『プログラミングの基礎』を読んだ

ゴールデンウィークを使って読み進めて、ようやく読み終わった。 浅井健一『プログラミングの基礎』サイエンス社 タイトル通り、プログラミングの基礎を学んでいく。言語はOCaml。 リストや木構造などの簡単なデータ構造やアルゴリズムについても学んでいく…

『はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に』を読んだ

同僚に借りて読んだ。 三部作の二番目のようだが、前作を知らなくても特に問題なく読めた。 「設計」や「要件定義」という言葉がタイトルに入っているが、本書の内容はシステム設計などに限定されるものではなく、もっと普遍的なことを扱っている。 仕事とは…

『Real World HTTP』を読んだ

欲しいものリストから送って頂き、読んでいた。ようやく読了。 Webを支えるプロトコルであるHTTPについて、メソッドとはというところから始まり、HTTP/2に関する話題まで、幅広く網羅している。 主にクライアント側の視点で書かれている。 O'Reilly Japan - …

『わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門』を読んだ

同僚にお借りして読んだ。 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉 全くの初心者向けに、GitやGitHubの使い方を解説した本。 漫画の主人公も、プログラマではなく「Web業界に憧れる大学生」。 コマンドラインではなくGUIで操作…